作成者別アーカイブ: 塩谷@mobile

得意技

IMG_0823.JPG

ナムラ王子の得意技は、何を隠そう電柵くぐり^_^;

昨夜は自分のパドックをくぐり抜け、中央区画を横断、ギャビたちのいる西区画に喧嘩を売りに行きましたが、真っ暗なのとギャビがギュゼ姫を遠くへ引き離してしまったので、諦めた模様(物音と馬たちのいななき方、方角で推測)

真っ暗な中で真っ黒な馬を捕まえるのは至難の技なので(笑)、ひとまず朝まで様子見することに…

明けて今朝、ナムラ王子は小さな緩衝地帯に自らを「拘束」して待っていました( ̄▽ ̄)

なぜか一度抜けたところには戻れないので、ずっとここでおとなしくしてたみたいです(笑)。

とりあえず褒めておきました f^_^;)

背後のゼットは…冷やかし?^_^;

塩谷@mobile

2014年10月1日

塩谷@mobile

先ほど、吐師様からアルファルファが届きました。ありがとうございます!

image2.JPG

ラフィ、ママからご飯頂いたよ〜

image1.JPG image3.JPG

正真正銘の馬面だ…

 

 

シマシマエプロン

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

ようこさんお手製のハエよけシマシマエプロンを、ギャビに試着してもらいました。

コッコが生まれる前に写真は撮ってあったのに、なかなかアップできなくてすみません。

エプロン本体のサイズ、ピッタリです(^^)

ただ、しばらくこのまま放牧していたら、マジックテープがはがれて脱げてしまったので、紐の部分は人間のエプロンみたいに結んで留めるほうがいいのかな?

クールイケメンのはずのギャビが、台所のお母さんみたいでカワイイです(笑)

これでシマシマニーソはいたらどうなるんだろ?

子馬

20140629_165543.jpeg 20140629_165543_2.jpeg

なかなか更新できずすみません。

過日は、子馬への温かいエール、そして祈りの言葉を、皆様本当にありがとうございました。

ギュゼママさん、わたしに代わってお知らせをしてくださり、ありがとうございました。

コッコはあっという間に星空に上って行ってしまいました。

やはり白筋症だろうとのことでした。

その後、本当にみるみるうちに、筋肉が動かなくなっていき、獣医さんと夫婦三人で起こそうとしても、自分で足が動かせないばかりか、頭が地面に落ちてしまう。

ことん、と、おじぎするように落ちてしまうんです。首で頭を支えられない。

そして常に夢の中のような状態で、意識朦朧というよりもう寝ているに近く、「ほら!ほら!起きるんだよ!立つんだよ!」と、獣医さんも自分も、コッコのお尻や肩を必死に叩いて、

そのたびに、はっ!と目を覚ますんですが、すぐにまた意識が遠のいてしまう…。

それから、心臓が止まってしまうまで、長くはかかりませんでした。

そのまま、眠ったまま、真夜中に、亡くなりました。

生まれてからほんの2日も生きられず、わたしも気持ちの整理がなかなかつきませんでした。ただかわいそうで。

でも唯一救いだったのは、常に夢の中だったので、ちっとも痛がったり苦しがったりしなかったこと。

一度は、眠りながら、アンヌのおっぱいを飲んでる夢まで見て、眠りながら上唇を持ち上げて、舌を丸めてチュッチュッチュッと…

すかさず持っていた哺乳瓶をコッコの口に入れると、それまではゴムの乳首を嫌がって、一度として素直に飲まなかったのが、そのときは、すごく上手に、乳首を舌で包んで、ゴクゴクと、アンヌのおっぱいを飲みました。

コッコは夢を見ているとは思わず、きっと、アンヌのおっぱいを飲んでると思ってたんだろうな…

亡くなる数時間前のことでした。

翌日以降、獣医さんが、白筋症の資料をたくさんFAXしてくださり、それによると、日本はもう、土壌がそもそも、セレンが欠乏している状態で、だから牧草にもセレンが少ないんだそうです。

獣医さんいわく、日高などでも、最初っから予防でセレンを注射して、それけらお産させる牧場さんなんかも多いそうです。

先日のブログでは、北アメリカも土壌がアウトと書かれていたから、そうなると輸入牧草もセレンが足りない。

幸い大人になってから発症はまずないから心配いらないみたいですが…

土壌がダメになったおかげで、草がそもそも栄養不足なんて、酸性雨なんて昔言われたのももう、今では話題にすらならなくなりましたが、全部、人間が悪いんですよね。

名前を考える暇もないうちに、逝ってしまったコッコ。

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

写真は、生まれた日の午後、お母さんと一緒に日向ぼっこ、と、昨日のアンヌ。

アンヌは、亡くなった翌日までは子馬を探して泣いていましたが、その次の日には諦めたようで、探さなくなりました。

寂しげな表情が痛々しかったですが、ここのところ、お子ちゃまアンヌに戻ってきた感じです。

そんな中、たくさんの皆様から支援品もいただき、本当にありがとうございます、

欲しいものリストから、牧草やキューブをたくさんの方から、そして新しく入った馬たちへの馬着、りんご、励ましのメールも、感謝です。

ご支援のお礼はまた改めて記事にてさせてください。

コッコ、息吹ばぁちゃんには会ったかな?息吹はアンヌよりめちゃ厳しいから気をつけてね。

起きて!ってたくさん叩いちゃってごめんね。

おっとりしててなつこくて、とても可愛い子でした。

番長靴下

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

ギュゼ姫の削蹄を終えてふと…

ギュゼの左前は、小、中学生の頃に流行った、くるぶしの下までの短い靴下みたいだ(^◇^;)

不良や番長がながーいスカートとセットで履いていたから、わたしの地元では「番長靴下」と呼んでいました( ̄Д ̄)ノ

当たらずとも遠からず…?(笑)